面倒であっても使い分ける

夜勤の時でも社会人は、すっぴんで働けません。
そんな状態は、心身ともにストレスが溜まり、余計に肌に良くないと思います。
そんな時は、いつものファンデーションではなく、ミネラルファンデーションや寝ても問題ない肌荒れしないファンデなどを使うようにしてます。
面倒であっても使い分けるだけで、全くお化粧のもちも全然違います。

肌荒れの部分は、極力ファンデーションをつけないようにしてますが、それでもお化粧をしなくてはいけない時は、コンシーラーでカバーしてファンデーションは、その上からほんの少し被せるくらいにして肌への負担を少なくする工夫をしてます。
トラブルが無い部分は、本当に下地とお粉だけで済ませてます。
全体にべったりとファンデーションを塗ることのないように気をつけてます。

それだけでもストレスが少なくなり、肌が悪化せずに済むので夜勤の時には特に気をつけてます。

 

また、乾燥も大敵なのでシュッとトイレなどで簡単に保湿できるような美容液を持ち歩いてます。
それだけをトイレに行くたびに行うだけで、綺麗に肌が保つことが出来ます。

肌のトラブルにもう悩まない!肌荒れしないファンデーション

製薬会社の化粧品

三共製薬から発売された、ブライトエイジという化粧品が気になって使い始めています。

なんといっても選んだ理由は、「三共ヘルスケア」というブランド。

 

やっぱり製薬会社が作ったものなので、信頼感があります。

 

聞いた話によると、通販などの化粧品会社によると、ほとんど自社で開発などはせず、

OEMと呼ばれる相手先ブランドによる生産という方法で、生産を発注しているところがほとんど。

 

なので、化粧品のパッケージは違うけど中身そのものは他でも同じものがあったりします。

 

それが悪いかどうかは別としてちゃんと自社で研究開発されたものが信頼はできますよね。

 

その点一番研究開発されているのは、大手化粧品会社。

 

 

日本だと、資生堂とPOLAだけが自社の研究施設を持っています。

 

その他は製薬会社であれば、まず有効成分を自社で開発、生産していることがありますので安心できますね。

 

そういった意味でブライトエイジを買ってみようと思いました。

 

 

ブライトエイジは、

「エイジングケア」全般に効く化粧品ですが、特に三共製薬の開発した成分「トラネキサム酸」を応用した化粧品でもあります。

 

シミや炎症を抑える効果に優れているということです。

 

まずはトライアルを買ってみたので、しばらくやってみようと思います。

また口コミします。